HOME > キャンピングカーのすすめ

キャンピングカーのすすめ

キャンピングのよくある誤解

キャンピング
キャンピングカーのご購入を検討されている方の中でもいくつかの不安が解消できずに、諦められる方もいらっしゃることでしょう。
でもその不安は「誤解」から生まれていることも多々あります。
このページではそんな誤解を少しでも解消いただけるよう、説明させていただきます。

【不安その1】キャンピングを引っ張ると運転が難しそう・・・

キャンピングを引っ張る分、車長が長くなり内輪差が大きくなるので曲がりにくいのでは?と思われる方がほとんどです。
しかしほとんどのキャンピングのタイヤの位置は車体の真ん中についており、ヘッド車のタイヤは車体の後ろについています。
ですから実は想像よりも内輪差は小さくすむのです。
運転に慣れてくると農道のような道路でもスイスイと走ることが出来るでしょう。

【不安その2】やっぱり維持費が高そう・・・

ここでお話する維持費は自動車税・車検費用・任意保険となります。
キャンピング(トレーラー)部分にかかる年間の維持費は約3万円〜4万円の間になることがほとんどです。

自動車税 約1万円
車検 2年毎に4万5千円程度(1年では2万3千円ほど)
自動車保険 キャンピングは連結されるものなので追加金がないことがほとんど(保険会社によります。)
となり、ヘッド車部分にプラス年間3万円〜4万円の間になる計算です。

車の修理・車検・売買など車全般をサポートする街の車屋さん JAMPサポート 愛知県三河地区、名鉄西尾線「桜町前」駅からすぐ近く。